バイオグラフィー



VocalのIwano(以下、岩っち)とDrumsのSawada(以下、澤っち)は、京都の高校時代の先輩後輩の間柄。その頃からバンド活動を共にしていた。「tracyrose」を結成し活動しつつ、D'ERLANGERのローディー等を経験しながら音楽活動を継続していった。その後「easy」で再び同じバンドで活動するも、その後は暫く別々の道を歩む。個々では2人ともそれぞれ音楽活動を継続していく。

GuitarのYamaguchi(以下、グッチ)とBassのMatsushita(以下、松ちゃん)は、お互い中学高校から音楽活動に目覚め、それぞれギターやベースを弾き始める。松ちゃんにおいては、高校時代に活動していたバンドのヴォーカルは、あのTMR本人だったとか・・。
グッチと松ちゃんは中学高校と同じではなかったが、大谷大学で出会う事になる。軽音楽部に入った2人は意気投合して同じバンドを結成する。「NEO ROZY」での活動期間は僅かではあったが、その後の「BA-D」では2人とも楽曲提供を行うなどしつつ、京都ミューズホールやアークデューなどでライヴ活動を精力的に行っていた。
しかしメンバーの時間調整や個々の仕事が忙しくなったことがあり、バンドは自然消滅していき、その後長い休眠時間に入ることになる。

2010年夏、4人が出会うキッカケが生まれた。メンバー全員がD'ERLANGER好きであるのだが、松ちゃんのSNSに澤っちからメッセージが入った。同じバンド好きという事で意気投合した2人はバンド結成を考え、松ちゃんはグッチに、澤っちは岩っちに声を掛ける事になり4人が運命的に集まる事となった。リハを重ね楽曲を煮詰め2011年9月よりレコーディング開始。2012年3月に1stアルバム「The End.」が完成し、春よりいよいよライブ活動を開始していく。

2012年、ライブ活動を少しづつ行いながら活動の幅を広げていったバンドだったが、2013年初頭にボーカル岩っちが事情によりバンド脱退を発表。活動停止を余儀なくされたが、2013年3月にグッチの大学時代の軽音楽部後輩であるVocalのKawai(以下ホーク)とFB上で電撃再会。過去音源や写真を見聞きしたグッチは直ぐにバンドメンバーに加入を打診。本人を交えたバンドミーティングを行い、2013年4月にバイオレットスカイ二代目のボーカリストとして正式加入。バンドの第二章がいよいよ始まる・・・。